アニメ「サザエさん」が長寿アニメ番組としてギネス認定、アメリカ「ザ・シンプソンズ」を圧倒

Text by

  • 2
フジテレビ

足成

アニメ「サザエさん」が、「最も長く放映されているテレビアニメ番組(Longest running animated TV series)」としてギネス世界記録に認定されたことが分かった。

報道によると5日、東京・新宿区のグロービジョンスタジオで認定式が行われ、サザエさんの声を担当する加藤みどりが出席、「これからもきちんと1本1本放送を続けていきたい」と語っている。

アニメ「サザエさん」は、長谷川町子氏の同名漫画を原作に、1969年10月5日に放送開始。9月1日までに放送回数2250回、全7050話となり、80年以降の平均視聴率は22.9%(ビデオリサーチ調べ、以下同じ)、最高視聴率は1990年10月28日放送分の36.4%を記録している。

これまでの世界記録は、1989年12月17日に放送開始のアニメ「ザ・シンプソンズ」で、2008年2月に世界記録認定を受けていた。しかし「ザ・シンプソンズ」は、2013年5月までに放送された24シーズンでも530話に過ぎず、「サザエさん」が記録を上回っていることが確認されて、今回の認定となった。

放送しているフジテレビでは、「サザエさん放送45周年記念プロジェクト」を開催する。10月16日から「ありがとう45周年!みんなのサザエさん展」を仙台を皮切りに、約1年間かけて全国を巡回する。また「サザエさんウィーク」として、特別番組「アニメサザエさんのヒミツ徹底解明SP(仮)」の他、尾野真千子主演のドラマ「長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日~(仮)」、観月ありさが登場する実写ドラマとアニメがコラボした「サザエさん アニメ&ドラマで2時間半SP」をこの秋にも放送予定。

■「ありがとう45周年!みんなのサザエさん展」公式サイト
http://www.sazaesan45.com/info.html

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking