担任を務める生徒の入学式と我が子の入学式、どっちを優先する?ネットで話題に

Text by

  • 4
学校

shutterstock

高校教諭が自分の子供の入学式に出席するため、担任を務める新入生の入学式を欠席したことが話題になっている。

担任教諭の入学式欠席に教育長から注意

埼玉県の県立高校で、50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任をまかされた高校1年生の入学式を欠席した。入学式の担任紹介で校長が欠席理由を説明し、教諭が事前に作成したお詫びの文章を、別の教諭が生徒に配布したそうだ。

これに新入生や保護者から不安の声があったとして、県教育長が異例の注意をしたとのこと。

ネットに飛び交う様々な意見

この件について様々な意見が寄せられているが、大きく分けると「間違ってる」「仕事が優先」の意見、「問題ない」「自分の子供が優先」の意見、「学校側の対応が間違っている」の3つがあった。

最初の「間違ってる」「仕事が優先」では、教諭の子供が高校生であることも一因のようだ。何かの事情を慮る書き込みもあったが、「小学校入学ならともかく、高校生であれば親の出席は不要」の意見が多い。また「それこそ親なら、子供の入学式に休む担任に子供を任せられるのか?」のような意見もあった。

「問題ない」「自分の子供が優先」では、事前に準備や手続きをしている以上、休むのは問題ないとしている。また「学校側の対応が間違っている」では、先の「問題ない」と重なる部分があり、「休暇を許可したことが問題」や「担任にするのを避けるべき」などの意見だった。

悩みサイトでも類似書き込みが多数

こうした状況は、インターネットの悩み相談サイトでも多数見ることができる。

「入学式と葬式」「結婚式と運動会」「旅行と入院」など状況はいろいろだが、概ねの傾向として「先に決まっていた約束を優先」「今後の付き合いに影響が大きい方を優先」するようだ。

それでも「お祝いを貰った」「私の結婚式には来てもらった」「○十年の付き合い」など、個々の事情は複雑だ。最後は何かの決断を下すのだろうが、その結果は自分で受け止めることになる。

他にも入学式を休んだ教諭が3人

報道によると、埼玉県内の県立高校では、先の教諭を含めて4人の担任教諭が、自分の子供の入学式に出席するために、勤務先の学校を欠席したとのこと。おそらく全国分を集計すれば、もっと数は多くなりそうだ。また同様のケースは、今年が初めてではないだろう。

万人が納得する答えはないだろうが、何かの結末を迎えることになるだろう。それはどのようなものになるだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking