韓国との共同制作映画『韓流おばさん』に文化庁が2826万円の支援

Text by

  • 1
札束

shutterstock

文化庁が5つの映画制作に約1億7000万円の補助を出すことが明らかになった。

支援映画5作品を発表

同庁では、映画事業の推進と国際交流を目的として、日本と他国とで共同制作する映画に支援を行っている。「平成26年度『国際共同製作映画支援事業』の採択について」によると、今年の支援となった対象5作品は、いずれも実写映画で以下の通りだ。

『あん』(共同制作国:フランス、支援予定金:2033万円、以下同じ)
『越後のBaちゃんベトナムへ行く』(ベトナム、2887万円)
『エルトゥールル(仮題)』(トルコ、5000万円)
『韓流おばさん(仮題)』(韓国、2826万円)
『FOUJITA(ふじた)』(フランス、5000万円)

題名だけで想像がつきそうな映画もあれば、皆目見当がつかない作品もある。「エルトゥールル」は、明治時代に和歌山県沖で遭難したたオスマン帝国(現在のトルコ)の軍艦名だろう。この事件では船員を日本人が献身的に救助したことから、日本とトルコにおける友好の礎となった。また「FOUJITA」は画家の藤田嗣治のことではないだろうか。

気になるのは「韓流おばさん」だ。インターネットの掲示板などでは、「この日韓関係が悪化している時期に……」のような意見も少なからず見られるが、それは横に置いておこう。

映画の内容は、何となく想像できるような気もするが、桁外れに想像を超えた作品になりそうな気もする。元々、韓流ブーム自体が大手メディアや広告代理店などによって作り上げられた蜃気楼のようなもの。それに乗っかった「韓流おばさん」を描いた映画がどんなものになるか。怖いもの見たさの映画ファンを呼ぶかもしれない。

過去には「ドラゴンボール」も

この事業は平成23年から始まっている。これまでの支援対象作品は次の通り。

平成23年度
「劇場版BLOODーC The Last Dark」(アニメ、アメリカ)
「グスコープドリの伝記」(アニメ、香港)
「ライク・サムワン・イン・ラブ」(実写、フランス)
「天上の風」(実写、中国)
「Legend of the T-Dog(人間万事塞翁が犬)」(実写、台湾)
平成24年度
「101次求婚(101回目のプロポーズ)」(実写、中国)
「旅する少女の物語(魔女の宅急便)」(実写、中国)
「劇場版ドラゴンボール」(アニメ、アメリカ)
「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」(実写、韓国)
平成25年度
「アップルシード アルファ」(アニメ、アメリカ)
「ザ ラスト ドルイド ガルム ウォーズ」(実写、カナダ)
「真夜中の五分前」(実写、中国)
「人類資金」(実写、アメリカ)

おそらく先に書いた事業の目的には適っているのだろう。しかし「これを支援するの?」と思いたくなる作品がポツポツ混じっているようだ。

対象となる映画の制作・発表までの期限や日本国内での公開期間が定められていたり、補助額が対象経費(こちらも1億円以上の定めがあり)の5分の1まで、のように今一つ使い勝手の悪い支援であることから、申請件数は毎年少ない。今回の申請件数は11作品(全て実写)だった。

こうした事業にはつきものの有識者会議には、石坂健治氏(日本映画大学教授)、井関惺氏(映画プロデューサー)、市山尚三氏(東京FILMEXプログラムディレクター)、大山秀徳氏(東映アニメーション常務取締役)、高山由紀子氏(映画監督、脚本家)が名前を連ねているが、わずか11作品から選ぶとなれば、こうしたラインナップになっても仕方がないのだろう。

会計検査院からの指摘

昨年10月には、会計検査院から過去に行われた映画制作支援事業へ指摘がなされた。

同院の「文化芸術振興費補助金による映画製作支援事業における収入の納付について」によると、文化芸術振興費補助金による映画製作支援事業における支援を行った映画で、一定以上の収入があった場合には、そこから納付することになっている。しかし納付のチェックがなされていなかったことや、報告もずさんな状況にあったとのこと。

要するに、支援しただけで仕事が終わっていたのだろう。支援、つまり税金を使うことには一生懸命でも、結果に関しては無関心と、まさに公務員らしい仕事っぷりだ。

税金をつぎ込んだ映画が、どのような作品に仕上がるのか、気長に待ってみよう。

■文化庁「平成26年度『国際共同製作映画支援事業』の採択について」
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/eiga_saitaku_140411.pdf

■会計検査院「文化芸術振興費補助金による映画製作支援事業における収入の納付について」
http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary24/pdf/fy24_3436_10.pdf

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking