日米1万人の意識調査を分析、血液型と性格は無関係

Text by

  • 12
ネガティブ,ポジティブ,思考

縄田健悟心理学博士が血液型と性格に関連性はないとする分析結果を発表した。

日米1万人以上の調査を再分析

九州大学の持続可能な社会のための決断科学センター講師の縄田博士が、日本心理学会の機関誌「心理学研究」で発表した「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠――」は、日本とアメリカの1万人以上の意識調査の結果を分析したもの。

読売新聞の報道によると、経済学分野の研究チームが2004~5年に行ったこの意識調査では、日常生活の好き嫌いを尋ねている。そこに回答者の血液型が記入されていたことから、改めて血液型との関連性を分析したそうだ。

68項目の内、65項目で差が認められず

調査項目には「楽しみは後に取っておきたい」「ギャンブルはすべきではない」「子供の将来が気にかかる」など、日常生活における68項目の質問があったが、血液型によって差があったのは3項目のみ。しかもその差はわずかなものだったため、血液型と性格に関連性はないと結論付けている。

学術上証明が不十分

血液型と性格との関連性があるとの主張は、大正期から昭和初期に古川竹二教授が発表した「血液型による気質の研究」(1927年)や著書「血液型と気質」(1932年)に加え、昭和46(1971)年に発売された能見正比古氏の著書「血液型でわかる相性」などがある。

ただしいずれも統計上の分析や結果に不備があったり、追検査で十分な証明ができなかったりしたことで、学説として認められていない。

話のタネは尽きず

もっとも血液型だけでなく、様々な身体的特徴や日常の言動を性格分析に結び付けようとする動きは後を絶たない。また血液型による性格分析と血液型占いとを混同している場合も少なくない。

一旦、広まった俗説が完全に抹消されるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

日本心理学会 機関誌「心理学研究」「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠――」(一部のみ)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking