「第3回 ブラック企業大賞」都議会、ヤマダ電機、秋田書店など9候補

Text by

  • 3
女性,心配,仕事,悩み

123RF

「第3回 ブラック企業大賞」のノミネートが発表された。

インターネット投票開始

ブラック企業大賞実行委員会が「第3回 ブラック企業大賞」の候補となる9の企業や団体を発表した。今日からインターネット投票も始まり、締め切りは9月5日まで。9月6日に大賞企業などが発表される。

ノミネート一覧

下記サイトで概要を掲載しているが、もう少しまとめて紹介しよう。

●大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」)
2007年、入社わずか4か月の24歳男性社員が過労死。2008年、大津労働基準監督署が過労死を認定。2013年、京都地裁で約7860万円の賠償判決も係争中。

●JR西日本
2012年、28歳の男性社員が過労自殺。2013年、尼崎労働基準監督署が労災認定。遺族とJR西日本との間で係争中。

●ヤマダ電機
2007年、23歳の男性社員が過労自殺。2011年、長岡労働基準監督署が労災認定。遺族とヤマダ電機の間で係争中。他の過労自殺も列記。

●A-1 Pictures
アニメーション制作会社。2010年、28歳の男性社員が過労自殺。2014年、新宿労働基準監督署が労災認定。「やりがい搾取」の象徴的事例としてノミネート。

●タマホーム
2011年、47歳の男性社員が過労死。2012年、いわき労働基準監督署が労災認定。遺族とタマホームの間で係争中。

●東京都議会
6月の都議会におけるセクハラヤジ問題。環境型セクシャルハラスメントにあたることと、自浄能力の無さからノミネート。

●リコー
2011年、退職勧奨を拒否した技術職の男性社員を物流子会社に出向させる。2013年、東京地裁は出向命令を無効とする判決を出す。

●秋田書店
読者プレゼント数の水増しを実施し、指摘した女性社員を懲戒解雇する。2013年、消費者庁が景品表示法違反で秋田書店に措置命令。女性社員と秋田書店の間で係争中。

●智香寺学園正智深谷高校・イスト(人材派遣会社)
女性非常勤講師の偽装請負。2012年、厚生労働省東京労働局が是正指導。女性は埼玉地裁熊谷支部で雇用関係について係争中。

東京電力、ワタミが受賞

第1回は、福島原子力発電所における放射線量隠しや危険な作業を派遣社員などにさせているとして東京電力が大賞を受賞。同時に、ワタミが市民賞、ゼンショーがありえないで賞に選ばれるなどしている。

第2回は、過労死問題などでワタミが大賞と一般投票賞を受賞。東北大学が特別賞、ベネッセが教育的指導賞に選ばれるなどしている。

さて今年はどの企業や団体が受賞するだろうか。

「第3回 ブラック企業大賞」サイト

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking