アメリカで公人への「アイス・バケツ・チャレンジ」禁止令が出る

Text by

  • 2
アイス・バケツ・チャレンジ

flickr_thinktk

アメリカで「アイス・バケツ・チャレンジ」運動への議員や公務員に対する禁止令が出たことが分かった。

アイス・バケツ・チャレンジとは?

難病の1つ筋萎縮性側索硬化症(ALS)への支援を目的とした「アイス・バケツ・チャレンジ(Ice Bucket Challenge)」運動が世界に広がっている。

これは指名された人が100ドル(約1万円)を寄付するか、氷水を頭から被るかを選択するもので、指名された人は新たに3人を指名していく活動だ。

アメリカのミシガン州で始まったこの運動は、各地の著名人や有名人が動画をアップすることもあって次第に拡大し、日本でもタレントや政治家が参加するまでに至っている。

ただし氷水を被ったり寄付をしたりするものの新たな指名をしない人や、運動の趣旨への理解は示すものの参加を控える人もいる。

アメリカでは禁止令

報道によると、アメリカの国務省、国防総省、下院などが21日以降に次々と「アイス・バケツ・チャレンジ」運動への禁止令を出していることが分かった。

これは職員や軍人や議員が特定の慈善活動参加するのは違反であるとの職務倫理規定に基づくもので、国内外の職員や軍人に対して通達を徹底させている。

オバマ大統領は寄付のみ

アメリカではジョージ・ブッシュ前大統領が20日に参加している一方で、オバマ大統領は寄付のみを行っている。

日本ではみんなの党の浅尾慶一郎代表が氷水を被り、安倍総理大臣を指名したが、現在のところ特に反応を見せていない。

【関連記事】
チャリティの氷水かぶりに指名された武井壮の神対応が話題に(8月21日)

賛否両論のアイスバケツチャレンジに大江千里が苦言!(8月21日)

ついに安倍総理も氷水を被る?みんなの党浅尾氏が指名(8月22日)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking