「艦これ」イベントが直前の中止、原因は社名トラブル?

2014年11月07日 22時20分

2014年11月08日 01時23分

男性,怒り,ストレス
shutterstock

2日前の中止発表

インターネットゲームやアニメで人気のコンテンツ、「艦隊これくしょん」のイベントが直前で中止となり、インターネットを中心に話題が広まっている。

中止となったイベントは、「艦隊これくしょん」をテーマに限定した自家製の冊子など販売する「艦これオンリーイベント『浦賀船渠ノ航跡』」で、公式な企業とは関係なく、一般個人が企画・運営したものだ。

11月9日に神奈川県の横須賀市産業交流プラザで開催予定だったものの、「11月4日に問題が発覚(主催者発表)」し、7日になって開催中止を発表、ツイッターアカウントも削除している。

浦賀船渠とは?

浦賀船渠(うらがせんきょ)とは、神奈川県横須賀市にあった造船所で、江戸時代末期から造船が始まった歴史ある場所だ。

開設以来、軍用艦や民用船を多数建造。明治に入り「浦賀船渠」の名称となり、昭和になって住友機械工業と合併した。

2003年に閉鎖されたものの、レンガ構造などが近代遺産として再評価されつつあり、イベントでは一部が一般公開されることもある。

原因は不明

主催者の発表(下記)によると、単に「問題」としているだけで、開催した場合には「主催側はもとより、スタッフ、参加サークル様、一般参加者様、出展者様、会場、行政すべてに於いて多大な迷惑と不利益がかかる恐れが」あるとしている。

しかし当初サイトに表示していた、実在した浦賀船渠株式会社そっくりなロゴマークが消去されたことや、主催者から「お手持ちの当イベント関連物について、必ずすべて破棄して頂けるようお願い致します」の依頼があったことなどから、このロゴマークが原因との見方が強い。

さらに関係者とのやり取りが明らかになるにつれて、パンフレットやチラシなどを印刷し直すと多額の赤字となることから、それを避けたのではとの推測や、主催者が以前にもイベント中止のトラブルを起こしていることから、今回も計画に無理があったのではとの書き込みもある。

今後の対応は不明

発表によると「参加サークル様への参加費払い戻し等に関しましては、改めてご案内させて頂きます」となっている。

しかしほとんどのサークルが、販売予定だった冊子などを完成させているはずだ。また遠方から参加を予定していた人は、切符や宿泊などの手配も済んでいるのではないだろうか。

果たして主催者が、それら全てに対応する可能性はあるのだろうか。

差し伸べる手も

興味深いのは、今回のトラブルに合った参加サークルに対して、他のイベントが受け入れを呼び掛けていることだ。

こうした救いの手は、これまでのトラブルでも散見されている。仲間意識が良い方向に働いたと見ることができよう。

ただしトラブルが発生したのは見逃せない事実だ。今後、主催者や主催団体の選別が望まれるだろう。

「艦これオンリーイベント 『浦賀船渠ノ航跡』開催中止のお詫び」

注目の記事