交通事故や犯罪場所の表示アプリを埼玉県が無料提供開始、あなたはどう活用する?

Text by

  • 0
警視庁「事件事故発生状況マップ」

警視庁「事件事故発生状況マップ」

不審者情報の場所も

埼玉県が県内で発生した事件や事故などの場所が分かるアプリを無料で提供している。

埼玉県安心サポートナビ」と名付けられたこのアプリでは、「路上強盗」「ひったくり」などの犯罪の発生場所、交通事故の発生場所などの他、子供を狙った不審者情報の場所が、それぞれの印で表示される。

防犯ブザー機能も

アプリには、防犯ブザーや防犯ライト、行政などからの情報配信もあり、安心や防犯に関する機能がまとまったものになっている。

このアプリは、埼玉県のホームページ(下記サイト)からダウンロード可能で、通信料以外の費用は一切不要だ。

情報公開が進行中

同様の情報提供は、警視庁を始め、各県警でも行っている。例えば警視庁(東京都)では、「事件事故発生状況マップ」(下記サイト)として、次のような地図を見ることができる。

警視庁「事件事故発生状況マップ」

警視庁

赤いほど犯罪の発生件数が多い場所で、緑が少ない場所だ。具体的に「ここ!」と示されていない(注:トップ画像のように、一部は表示される)ので、やや分かりにくい。

埼玉県警では、アプリそのままの機能で表示している。犯罪発生場所はこの通り(約1年間分)。

埼玉県警「事件・事故マップ」

埼玉県警

青の「ひ」がひったくりの場所、オレンジの「◆」が車上狙い、紫の「子」が子供を狙った不審者情報だ。

また同じ場所での交通事故はこのようになる(約1年間分)。

埼玉県警「事件・事故マップ」

埼玉県警

「軽」は軽傷、「重」は重傷で、地図にはないが、死亡事故は「死」のマークが付く。

「君子危うきに近寄らず」の言葉もあるが、君子でなくとも、危険な場所は避けた方が良いだろう。

通勤や通学に使う道がどうなのか。現在住んでいる、もしくは引っ越し先の治安や交通状況はどうなのか。活用方法はいろいろありそうだ。

埼玉県「スマートフォン用防犯・交通安全アプリ 『埼玉県安心サポートナビ』 配信スタート!」

埼玉県警「事件・事故マップ」

警視庁「事件事故発生状況マップ」
【参考記事】
「この先事故多発!」ドライバー向け警告アプリが10月から無料利用可能に(9月18日)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking