買い出し前に覚えておきたい、1月から値上げになる商品はこちら

Text by

  • 2
男性,空の財布

123RF

そろそろお正月の支度

今年も残すところ半月余り、そろそろ年末の買い出しを考えている人もいるだろう。そんな人達向けに、1月からの値上がりが発表されている商品を紹介しておこう。

麺類あれこれ

一番影響が大きそうなのが麺類だ。

日清フーズが2011年以来、3年ぶりに国産パスタを値上げする。家庭用が5~8%、業務用が9~13%で、家庭用の値上がりも影響がありそうだが、業務用は更に影響が大きそうだ。パスタをメインにした店では、値上げをするか量を減らすかの対応が迫られそうだ。

インスタント麺では、日清食品ホールディングスの日清食品と明星食品が、1月出荷分からの値上げを決定している。値上げ幅は5%前後で、「チキンラーメン」「出前一丁」「チャルメラ」などの5袋パックは、希望小売価格500円が525円に、人気商品「カップヌードル」も170円が180円となる。

ハウス食品もインスタント麺の「うまかっちゃん」「好きやねん」を5%値上げする。こちらは1月16日出荷分からのため、やや余裕があるが、日清食品などの値上げに伴い、一時的に安いものに人気が集まる可能性がありそうだ。

冷凍食品も

ニッスイこと日本水産が、一部冷凍商品の値上げを決定している。まず農産関連商品の30品を、1月から3~15%値上げする。

農産関連商品では分かりにくいかもしれないが、要は、インゲン、サトイモ、カボチャ、ブロッコリーなどのカット野菜や、枝豆やミックスベジタブルなどだ。

なお、から揚げなどの家庭用惣菜は2月から、業務用は3月からの値上げを予定している。

食用油も

日清オイリオグループは、食用油の値上げを予定している。家庭用に限らず、業務用や加工用の全てに渡って1キロ当たり20円以上の引き上げになる予定。

実施は1月5日納入分からとなっているため、年明け早々に買おうとするよりは、年内に買っておいた方が良いだろう。飲食店なども年内の納入を多めにするところが増えそうだ。

文房具も

文房具大手のコクヨS&Tは、伝票やアルバム、インクジェット用紙、パソコン周辺機器など1122品目を値上げする。

全体で約9.5%の値上げとなり、原材料価格の値上がりや海外の生産拠点における人件費の上昇などを原因としている。1月1日からの値上げのため、年内に注文・納入するところが増えそうだ。

2月以降も

2月以降に値上げを決定している企業も多い。機会があれば紹介していこう。

しかし年明けに外食しようとしたら、「あれ?値段が……」なんてことになっていそうだ。

【参考記事】
餃子に乳製品、保険料など、10月からの値上げいろいろ(10月1日)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking