もはや形骸化した就活スケジュール協定「守らなくても仕方ない」企業が約3割

Text by

  • 0
スーツ女性,不安な表情

123RF

3か月繰り下げて開始

3月1日に入り、2016年春の入社に向けた就職活動が始まった。

昨年までは、大学3年生の12月に会社説明会などを開始、面接などは4月から、内定は10月からとなっていたが、日本経済団体連合会(経団連)や文部科学省の申し合わせにより、会社説明会などは3月から、面接などの選考は8月からに繰り下げてのスタートとなった。

ただし内定は10月のままなので、企業も学生も、これまでと比較して短いスケジュールで挑むことになる。

買い手市場

人材派遣などを行っているディスコでは、全国の主要企業を対象とした、今年の採用活動に関するアンケート結果を公開している。

これによると、採用を増加すると答えた企業が29.2%(前年は24.4%)で、減少の6.9%(同7.2%)を大きく上回っている。

業種や会社の規模を問わず、採用を増やす企業が増えているが、特にIT系とサービス業、メーカーの採用意欲が高く、採用予算が増えると見込んでいる企業も35.7%(前年は26.4%)と増えている。

既に内定の噂も

インターネットの掲示板などでは、既に内定を取得したとする学生の話も出ている。

先のアンケートで、企業に選考開始と内定出しの時期を聞いた設問では、面接開始は、8月上旬(14.9%)、4月上旬(10.2%)、4月中旬{9.8%)、5月中旬(9.3%)などが多く、内定出しは、8月上旬(14.9%)、6月上旬(8.4%)、4月下旬(7.2%)、5月上旬(6.8%)、5月中旬(6.5%)、下旬(6.5%)と答えた企業が多めだ。

しかし申し合わせに反して3月までに面接を始めると答えた企業が15.8%、7月までに内定(内々定)を出すと答えた企業も66%ある。

ディスコ「『2016年度・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査』 ~ 2016

ディスコ


形骸化した協定

協定について尋ねた設問では、「経団連加盟・非加盟に関係なく遵守すべき」と答えた企業は、2013年12月には40.4%だったのが、今回は23.3%に減っている。

一方「加盟企業は遵守すべきだが、非加盟企業は守らなくても良い」と答えた企業は17.7%から26.3%に増加、「加盟・非加盟関係なく守らなくても仕方が無い」と答えた企業も16.0%から33.2%に倍増している。

踊らされるのは企業なのか学生なのか、それとも両方なのだろうか。

日本経済団体連合会「採用選考に関する指針」

文部科学省「大学等卒業・修了予定者の就職・採用活動時期変更に係る企業等への要請に関する申合せ」

ディスコ「『2016年度・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査』 ~ 2016年3月卒業予定者の採用活動に関する企業調査~」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking