海自護衛艦「いずも」のロゴマークが話題に、中国を抑える意図を深読みする人も

Text by

  • 3
いずもロゴマーク

海上自衛隊ホームページ

海上自衛隊最大の艦船

海上自衛隊が新たに就航した護衛艦「いずも」のロゴマークを発表した。

24日に就航した「いずも」は、全長248メートル、排水量約2万トンと海上自衛隊では最も大きな船で、ヘリコプター9機を搭載し、5機を同時に発着できる機能を備えている。

何かと騒がしいこの頃、大きな助けになりそうだ。

天叢雲剣とヤマタノオロチ

一般公募から選ばれた「いずも」のロゴマークは、日本古来の出雲神話に登場する天叢雲剣とヤマタノオロチをデザインしたもの。

作者のデザイン意図によると、「圧倒的な力を抑え込むさらなる強力な存在」をイメージしたとある。もちろん「いずも」が「強力な存在」だろう。

さらに「隠し要素として円形としたヤマタノオロチを赤色にすることで、日の丸のイメージも盛り込」んだとのこと。

インターネットの掲示板などで、ちょっとした話題になっているのがここだ。「ヤマタノオロチ」は「オロチ」とあるように、基本的には蛇の化身なのだが、イラストでは龍のようなデザインだ。

つまり「赤い(紅)龍」を「いずも」が抑え込むと見なすこともでき、「赤い(紅)龍」と言えば中国を意味することもあるため、深読みしたネットユーザーは、「なるほど」「ぴったり」のような意見を書き込んでいる。

他のロゴマークは?

他のロゴマークもいくつか紹介しよう。

ひゅうがロゴマーク

防衛省ホームページ

護衛艦「ひゅうが」は、日向国(宮崎県)の県の木であるフェニックスをデザイン。

あけぼのロゴマーク

防衛省ホームページ

「あけぼの」も「いずも」同様に一般公募から採用。太陽とライオンをデザイン。

ありあけロゴマーク

防衛省ホームページ

「ありあけ」はムツゴロウをデザインしている。有明湾の特産つながりだろう。

こうしたロゴマークはこれまでにも一般から募集することが多い。現在は、自衛隊観艦式ロゴマークとキャッチフレーズを募集している。過去の自衛隊観艦式ロゴマークとキャッチフレーズはこちら。

自衛隊観艦式ロゴマークとキャッチフレーズ

防衛省ホームページ

キャッチフレーズ(規定は10文字程度)は「海」「守る」「未来」などを組み合わせれば何とかなりそうだ。興味のある人は応募してみよう。

海上自衛隊「護衛艦『いずも』ロゴマークが決定しました!」

海上自衛隊「平成27年度自衛隊観艦式ロゴマーク&キャッチフレーズ募集!」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking