ウルトラマンカラーやクリスチャンルブタンの赤い靴底、新たな商標に515件の出願

Text by

  • 0
新しいタイプの商標の公開商標公報が発行されました

経済産業省

4月1日から受け付け開始

4月1日から改正商標法がに施行されたことにより、色彩のみからなる商標や音商標と言った新しいタイプの商標の出願受け付けが始まった。

特許庁を管轄する経済産業省では、10日までに515件の出願があったことや、その中のいくつかを公開している。面白そうなものを紹介しよう。

ハイヒールの赤い靴底

色彩の商標出願は203件だった。例えば円谷プロダクションからは、次のような色の組み合わせが出願されている。

商標番号照会

特許庁

赤色半分、銀色半分で「何?」と思う人がほとんどではないかと思うが、ピンとくる人もいるだろう。この2色はウルトラマンのボディカラーだ。

「そんなのでも良いの?」と思う人がいそうだが、大幸薬品は橙色で、伊藤園は緑色で出願しており、三菱鉛筆、イオン、サカタのタネ、タカラトミーなども代表的な製品の一色で出願している。

そしてこんなのもある。ハイヒールの靴底だ。

商標番号照会

特許庁

これはフランスのブランド「クリスチャン ルブタン」の特徴なのだそうだ。出願は代理人によってなされているが、住所は「フランス国 パリ エフ-75002 リュ ヴォルネイ 1番地」となっている。

マヨネーズの網目模様まで

また位置の出願が106件、音が166件、動きが37件、ホログラムが3件となっている。

比較的見知っているのは、こちらだろう。

商標番号照会

特許庁

キユーピーがマヨネーズソースを対象に出願している。説明にはこうある。

位置商標を構成する標章は、赤い太線からなる網の目状の部分であり、商品の前面の上部約5分の2の部分に位置します。破線部分は、包装用フィルム袋に入った商品の一例を示したものであり、商標を構成する要素ではありません

「こうしたものまでカバーするんだなあ」と考えてしまう。

もちろん出願全てが認められるわけでもないだろうが、これらの出願件数は、アメリカやヨーロッパと比較しても、随分と多いそうだ。

資料では「我が国における新しいタイプの商標に対する関心の高さ、ブランド戦略の活発さを伺うことができます」としている。

経済産業省「新しいタイプの商標の公開商標公報が発行されました」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking