9月も上昇続くバイト・パート時給、このまま年末まで上がり続けるか

Text by

  • 1
五百円玉

123RF

去年から14円アップ

リクルートジョブズが「2015年9月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査」を発表、足元の募集時給が上り続けていることが分かった。

資料によると、今年9月における三大都市圏の平均募集時給は970円で、前月から1円アップ、前年9月から14円アップした。

首都圏は1010円(前年同月比+17円)、東海圏は913円(同+13円)、関西圏は934円(同+14円)といずれも昨年から大きくアップしている。

資格職がアップ傾向

職種別で大きくアップしているのは次の通り。

ホテルスタッフ:947円(昨年9月比+29円)
チラシ配布:1014円(同+67円)
ビルメンテナンス:施設管理:1020円(同+53円)
受付:963円(同+34円)
コールセンタースタッフ:1187円(同+82円)
データ入力:1087円(同+105円)
看護師:1607円(同+31円)
歯科衛生士:1352円(同+36円)
医療関係技術者:1138円(同+60円)
介護スタッフ:1016円(同+38円)
訪問介護員:1176円(同+43円)
介護福祉士:1081円(同+64円)
エステ・ネイル・マッサージ:996円(同+37円)
保育士:1063円(同+35円)

ひと頃、伸びの鈍かった資格職や専門職で、時給アップの傾向が続いている。

安倍総理が介護離職ゼロを打ち出したものの、人手不足では無意味だ。今後、有資格者の争奪戦が激しくなることで、更なる時給アップも予想できるが、経営難に陥る事業体も増えそうだ。

コールセンタースタッフとデータ入力の伸びは驚異的。先月の記事で「専門職や資格職と比較してもそん色ない時給水準」と書いたが、その傾向は続いている。

ただし同社が先日発表した「2015年9月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査」では、データ入力の時給は1359円(前年9月比-55円)と下落している。派遣社員からバイト・パートへのシフトでもあるのだろうか。

市場縮小が原因か

職種別で下がっているのは次の7つ。

化粧品販売:1083円(昨年9月比-5円)
カラオケボックススタッフ:942円(同-1円)
ホールスタッフ(パチンコ・遊技場):1180円(同-7円)
製造・生産(重工業除く):962円(同-6円)
ガソリンスタンドスタッフ:939円(同-4円)
スポーツインストラクター:952円(同-27円)
塾講師:1063円(同-45円)

ホールスタッフ(パチンコ・遊技場)は、経営環境の厳しさが背景にありそうだ。

スポーツインストラクターと塾講師の下落傾向が続いている。パチンコほどでは無いにしても、壮年人口の減少や少子化が原因だろうか。

このまま年末まで上昇するか

リクルートジョブズの資料では、過去3年の推移をグラフにしている。2012年10月から2014年12月までを切り取ったものがこちら。赤い棒が平均募集時給、青い折れ線が前年同月比。

リクルートジョブズ「2015年9月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査」

リクルートジョブズ

年末に高く、年明けに下落して春から再び上昇、7・9月に下落して、年末に向けて上昇している。そして2015年はこちら。

リクルートジョブズ「2015年9月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査」

リクルートジョブズ

年明けに下落したのは同じだが、2月の958円を底に上昇する一方だ。

ここ5か月は1円刻みの階段だが、前年同月比では1%以上のアップのため、金額で去年から10円以上のアップが続いていることが分かる。

ほぼ確定的な消費税の10%増税や、中国の景気減速もあり、このまま景気拡大が続くとは思えないが、人手不足が簡単に解消するとも考えにくい。

人手が不足している業界や職場は、時給を上げて人を確保する(他に逃げられないようにする)ことができるか、年末にかけて難しい選択を迫られそうだ。

リクルートジョブズ「2015年9月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査」
リクルートジョブズ「2015年9月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査」

【参考記事】
上昇続くバイト・パートの募集時給、首都圏は1010円に!(9月20日)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking