コミケ帰りの集客を狙う大崎駅の頑張りが年々エスカレートしてる

Text by

  • 7
Twitter / ‏@kawa_155DTM

Twitter / ‏@kawa_155DTM

東京ビッグサイトで行われているコミケの来場者をターゲットにした、大崎界隈の取り組みが話題になっている。

駅構内は完全にコミケ仕様に

駅構内にはコミケの来場者を対象にしたポスターがずらり。

蕎麦屋も萌えポスターを用意。

コンビニではキーボルダーやコミケで役立つヒヤロンなどを販売。

本屋ではカタログが販売されている。

また、駅構内のアナウンスはボーカロイドが担当。

アナウンスには『烈車戦隊トッキュウジャー』の山口勝平氏も参加しているそうだ。

改札の外では物販コーナーを用意

改札の外では、コミケ参加者がくつろげる避難所として、カフェや物販コーナーが設けられている。

コミケ参加者を対象にした飲食店の割引も。

また、ニューオータニイン東京では声優やコスプレイヤーなどを招いたファン集客イベントを行われるそうだ。

コミケに合わせた企画をどんどん行っていく大崎。第二のコミケ会場になる日も近いかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking