Twitpicサービス終了の裏で「 #yfrogは死ね 」大喜利が流行中

Text by

  • 38
Twitpic

Twitpic

Twitter上で写真や画像を共有できるサービス「Twitpic」は9月25日(現地時間)にサービスを終了すると発表した。

ユーザーがTwitpicを使って投稿してきた画像と動画はすべてリンク切れになる。

原因はTwitter社からの圧力

Twitpicのノア・エベレットCEOは公式ブログで「数週間前、米Twitterから商標登録出願を取り消さなければAPIへの接続を失うことになると通告された」と説明。

 通告に対し「残念ながら我々にはTwitterのような大企業に対抗して、商標を維持するだけの豊富なリソースを持ち合わせていない」と、Twitpicがサービスを終了する経緯をコメントしている。

 バックアップについては、数日中に画像と動画をエクスポートするツールが公開される。

Twitpic終了を惜しむ声が続々

TwitterにはTwitpic終了を惜しむ声や、Twitter社への批判の声が続々とツイートされている。

また、Twitpicへのコメントと共に「 #yfrogは死ね 」というハッシュタグをつける大喜利が一部で流行中だ。

なぜここまで「yfrog」が嫌われているのか、理由は広告の表示にあるようだ。

なお、Twitpicのサーバー上に保存されている画像や動画は25日に全て消去されてる。

Twitpicを利用していた方はバックアップを忘れずに。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking