壮観…!大人が本気でつくった巨大プラレールがスゴい

Text by

  • 13
Twitter / @Kuten_W

Twitter / @Kuten_W

浜松の遠鉄百貨店で展示されいる、プラレールの展示写真がTwitterで話題になっています。

Twitter / @Kuten_W

まるで芸術作品の様に組み立てられたプラレールの写真ツイートは4500回以上リツイートされ、「凄ワザ過ぎる」、「凄いです!圧巻の一言です」、「プラレールで遊んでた頃夢見た光景!」など、多くの反響が寄せられています。

制作8時間の超大作

この巨大レイアウトは「トレインフェスタinえんてつ」というイベントに、「ぺたぞうでんしゃ王国」という名前で展示されているもので、ぺたぞう(@pettanesa)さん、たっくんぱぱ(@takutakuhirokaz)さん、空転(@Kuten_W)さんを中心に、計4名で制作されました。

制作時間はなんと8時間かかっており、全て市販のパーツだけで出来ているそうです。

 たっくんぱぱさんのTwitterアカウントでは、制作過程を見ることができます。

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz


Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz


Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz


Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz


Twitter / @pettanesa


Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz

Twitter / @takutakuhirokaz


Twitter / @Kuten_W

制作を行った空転さんに、今回の見どころをお伺いしました。

「プラレールのつなぎ方にはルールがあって、そこから多少外れても無理やりつながるのですが、このレイアウトではそういう無理を一切していません。そういった美しさも見てもらえればと思います」

展示は5月5日(火・祝)まで行われています。

浜松は遠くて行けないという方は、たっくんぱぱさんが営業している京成高砂のプラレールカフェ「プラたく」でも巨大レイアウトを見ることが出来るので、ぜひ足を運んでみてください。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking