【閲覧注意】宿泊客が歯磨きやお風呂に使った米ホテルの貯水タンクに水死体が入っていた

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

米ロサンゼルス市内のホテル『セシル』の貯水タンク内で、若い女性の遺体が発見されたのは2月。そして、検死当局は今月20日、この事件が事故による溺死だったとの報告書を出した。被害者はカナダ国籍のエリサ・ラムさん(当時21歳)で、遺体は最長で19日間、タンクに入っていたとみられている。

衝撃的なのは、宿泊客がその間、タンクの水を歯磨きやお風呂に使ったり、飲んだりしていた、ということだろう。遺体発見のきっかけになったのは、“水がおかしい”という宿泊客からの苦情だった。市の公衆衛生当局が行った水質検査では、人体に有害な細菌などは見つからなかったというが、間違いなく気分はよくない。

遺体発見後、タンクは排水され、洗浄・消毒された。さて、そんなホテル『セシル』であるが、じつはロサンゼルスの中心街にほど近く、一泊最低40ドルという格安の料金で、日本人の旅行者にも人気のホテルだった。今回の悲劇は事故と結論づけられたようだが、周辺の治安は決してよくはない(とくに夜間)ようだ。

海外旅行に危険はつきもの。準備の段階から、下調べは入念にしたほうが身のためである。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking