あなたの時給は上昇した?全国の平均時給は1080円に

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

アイ・アム&インターワークスは4月28日、2014年3月度の平均賃金(時給)を発表した。自社運営の求人サイト「工場ワークス」の情報をもとに、エリア別、業種別の平均賃金をまとめた。

全国の平均時給は1080円。前年同月に比べて32円、前月に比べて8円上昇している。3ヶ月連続で過去最高額を更新しているという。アベノミクスに代表される金融政策が奏功したのか、従業員の賃金は上昇傾向にあることが読み取れる。

エリア別ではどうか。以下にまとめる。
北海道/東北:968円(前年同月比+64円)
中部/東海:1138円(前年同月比+20円)
信越/北陸:1033円(前年同月比+53円)
中国/四国:1044円(前年同月比+80円)
九州/沖縄:1024円(前年同月比+118円)
関東:1095円(前年同月比-10円
関西:1086円(前年同月比-19円

関東と関西だけが前年同月よりも平均時給が下がっている。全国平均を上回っているものの、上昇傾向は読み取れない。大企業が集中する首都圏の方が他エリアよりもアベノミクス効果を受けやすいと思われたが、実際の景況は首都圏に厳しいようだ。

業種別の平均時給に違いはあるのか。主な業種の平均時給を以下にまとめる。
半導体・先端技術:1065円(前年同月比+26円)
紙・パルプ・印刷:1037円(前年同月比+9円)
医療・福祉・介護・製薬:1118円(前年同月比+86円)
携帯・パソコン・家電:1051円(前年同月比+46円)
物流・倉庫:1056円(前年同月比+31円)
ゴム・プラ・石油・化学:1059円(前年同月比+17円)
住宅・建材:1073円(前年同月比+5円)
フード・飲料:1002円(前年同月比+45円)
その他:1049円(前年同月比+33円)

ここに挙げた業種は前年同月よりも時給が上昇しているが、調査結果では12業種中9業種が前年同月からプラスに転じたという。

なお、職種別では29ある職種のうち17職種が前年同月に比べて上昇、マイナスは12職種だった。前月比も17職種がプラスで、マイナスだったのは12職種。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking