結婚相手からのプロポーズが失敗だったら、やり直しを希望する女性が7割

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

ウエディングパークは5月1日、プロポーズに関する調査結果を発表した。20歳から40歳までの女性116人から回答を得た。理想とするプロポーズをされた経験、逆プロポーズの経験などを聞いた。

まず、プロポーズをされた経験の有無を聞いたところ、既婚女性の9割が「はい」と回答した。そのうち、「理想通りのプロポーズではなかった」とする回答が5割以上を占めた。

プロポーズをされたものの、現実は必ずしも理想的な内容ではないケースが多いようだ。

「今の結婚相手からもう1度プロポーズのチャンスがあったら、されたい(したい)ですか」との問いには、69.0%が「されたい」と回答。プロポーズ後でももう一度やりなおして欲しいと願う女性が多いことが分かった。

プロポーズをするのは男性からかという質問もした。結果は、「強く思う」(36.2%)、「思う」(31.0%)を合わせると、約7割の女性がプロポーズは男性からして欲しいと考えていた。

一方で、「女性からしてもいいと思う」が32.8%を占めている。3人に1人は女性からのプロポーズがあってもいいと考えている。これは、2012年に実施した同様の調査時よりも、7.4%増えている。女性からのプロポーズ支持派は増加傾向にある。

プロポーズには指輪が必要なのか。結果は、「いいえ」が67.2%で、「はい」の32.8%を大きく上回った。女性にとって指輪はプロポーズに付き物、という考えはないようだ。

プロポーズのとき指輪以外のプレゼントをもらうとしたらとの質問には、「花束」や「アクセサリー」などの意見が多かった。そのほか、「家」「通帳」「新生活で使うもの」や「婚姻届」などもあった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking