「生きたマネキン」ほか、意外と稼げちゃう一風変わった仕事5選

Text by

  • 11
flickr_kittykatmoseley

flickr_kittykatmoseley

不況の世の中。世間には働きたくても働き口がない人が山ほどいるが、一方で、あまりポピュラーではない方法でキャリアを手に入れた人たちもいたりする。下記は、一風変わっているものの、意外と稼げる職種5選

1.フォーカスグループ

flickr_seigakuin

ある製品やサービスなどについて、フィードバック・評価をする。1回につき時給40~100ドルが払われるほか、運がよければその新製品などを無料でもらえることもあり。

 

2. ミステリーショッパー

flickr.com_mikeywally

一般の客に紛れて店に来店し、定められた調査項目に沿って評価後、レポートを作成して提出する。1つの企業に登録し、1週間に1回程度調査に参加した場合の報酬は100ドル/月くらい。

 

3. テレビや映画のエキストラ

flickr_dennoir

拘束時間は長いが、だいたいちゃんとした待合室で時間をつぶせる。日給約100ドル~200ドル。

 

4. 生きたマネキン

flickr_holgman

店のショーウィンドウなどで、最新の服を着てポーズをとるだけ。本物のマネキンより注目を集められると話題に。時給は約50ドル。

 

5. ボディー広告

Wikimedia

企業のロゴなどを、体の好きなところにタトゥーでいれて宣伝する。タトゥーは1ヶ月ほどで消えるタイプのもので、その大きさや場所によって値段は変わるが、報酬はだいたい100ドル~5000ドルくらい。

 

【おまけ】口紅占い師

中年女性の間で人気。口紅を塗った唇で紙にキスマークをつけてもらい、そのマークから性格や将来について占うというもの。時給25ドル~50ドル。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking