【Facebook】プライバシー設定でも隠しきれない 就活や仕事で不利になる6つの個人情報

Text by

  • 12
Tomislav Pinter / Shutterstock.com

Tomislav Pinter / Shutterstock.com

現在求職中の人も仕事がある人も、あなたのフェイスブックページは意外と見られているということを忘れてはいけない。「しっかりプライバシー設定をしているから大丈夫」なんて安心している人。本当に大丈夫ですか?

ここでは、プライバシー設定では隠し切れないが、就活や仕事に不利になりうる個人情報の数々を紹介する。

1. 年齢・・・いくら年齢を隠していても、大学や高校、中学の同級生などを辿れば、容易に計算できてしまう。

2. 政治理念・・・何を支持しようが個人の自由だが、些細なコメントや「いいね!」であなたの政治理念が簡単に露呈されてしまうので要注意。

3. パーソナルライフ・・・会社ではスーツでビシッとキメているつもりでも、フェイスブックに普段のだらしない姿を写した写真を載せてしまったらせっかくの“デキる”イメージが台無しに。

4. 幼少期・・・素っ裸でビニールプールに入っている子どもの頃の写真は確かにカワイイ。でも、幼い頃の無防備な写真を掲載することによって、あなたの威厳が失われる可能性があることも忘れてはいけない。

5. 宗教・・・“信教の自由”といっても、それを逆手にとる人がいないとは限らない。自分が通う教会のフェイスブックページに「いいね!」をする前に、ことの重大さをしっかりと認識しておこう。

6. 派閥・・・社内ではうまく振舞っていても、フェイスブックでの発言や“友達”の層を見れば、あなたが誰を嫌っていて誰を好いているのかは一目瞭然だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking