最も農薬がたくさん含まれている青果物ランキング発表 1位はみんなが大好きなあの果物

Text by

  • 23
Shutterstock

Shutterstock

米リサーチ会社が、よく食卓にならぶ青果物45種の中で、農薬を多く含んでいるワースト5を発表した。

米国農務省が行った調査を元に発表されたこのランキング。青果物はそれぞれ洗った後皮をむくなど、通常我々が口に入れる状態で農薬の残余を調べたそう。結果は以下のようになった。

1位 りんご

fickr_msr

2位 セロリ

flickr_Yack_Attack

3位 パプリカ

flickr_timsackton

4位 

flickr_keanalee

5位 いちご

flickr_ fxdx

また、最も農薬の量が少なかった“クリーンフード”に選ばれたのは

1位 たまねぎ

2位 とうもろこし

3位 パイナップル

4位 アボカド

5位 キャベツ

同リサーチ会社によると、クリーンフードに選ばれた青果物はワースト5の青果物に比べ、含まれている農薬の種類が5種類以下だったそう。青果物の農薬については賛否が分かれるところだが、今年4月に発表された研究では、妊婦が農薬が多く含まれた青果物を摂取すると、喫煙と同じような影響を胎児に及ぼすこともわかっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking