【心温まるストーリー】中坊にいじめられて泣いちゃったおばあちゃんに、見ず知らずの人が約632万円をプレゼント

Text by

  • 20
Mashable

Mashable

スクールバスの監視員として働く女性が、同乗していた12歳~15歳の子どもたちから執拗な嫌がらせを受けている様子を撮影した動画がYouTubeに投稿され、これに同情した視聴者らから総額8万ドル(約632万円)の寄付金が集まった。

被害者の女性は、カレン・クラインさん69歳。米ニューヨーク州郊外のグリースという街で、子どもたちが安全にスクールバスを乗り降りできるよう見守る監視員として働いている。そんな彼女が、バスの乗車中に「デブ」「貧乏」と罵られ、悔しさから涙を流す姿を収めたビデオは瞬く間にネット上で広まり、コメント欄は大炎上。嫌がらせをした子どもらを激しく非難する書き込みが殺到した。

そんな中、この動画を見たカナダ在住のマックス・シドロフさんは、クラインさんが年収1万5506ドル(約122万円)でこんなにも精神的にキツイ仕事をしていることを哀れに思い、彼女が日ごろの嫌なコトを忘れて楽しいバケーションに行けるようにと資金調達を開始。最初は5000ドル集まればいい方だと思っていたそうだが、わずか2日で予想をはるかに超える8万ドルもの寄付金が集まったという。

なおYouTube上では、同動画でクラインさんに嫌がらせをした子どもらの名前が公開されているほか、家の電話番号が書き込まれるなどしている。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=l93wAqnPQwk[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking