【カンヌ国際広告賞】メルセデス・ベンツの“透明な車”がアウトドア部門受賞

Text by

  • 11
YouTube/Mashable

YouTube/Mashable

今月17日からフランスのカンヌで開催されているカンヌ国際広告祭。世界3大広告賞の1つとされる同賞のアウトドア部門を、メルセデス・ベンツのインビジブル・カーが受賞した。

燃料電池乗用車「F-Cell」の水素エンジンが、排出ガス0%で「自然環境への付加がまったくない」という事実をわかりやすく伝えるために作られた同CM。「自然環境と同化するから目に見えない」をテーマに、インビジブル・カー(目に見えない車)が企画された。

メルセデスによる世界初のインビジブル・カー。どうやって作られたかというと・・・

↓はじめに車体側面にLEDシートを貼り付ける

YouTube/Mashable

 ↓そしてカメラを装着。撮影した映像をリアルタイムでLEDシートに投影するという仕掛け。

YouTube/Mashable

 ↓カメラが撮影している側面とは反対側に映像が映し出されるため、車体が透けているように見えるというわけだ。

YouTube/Mashable

↓実際に街中を走ってみると、あら不思議。どこに車がいるのかわからない!!

YouTube/Mashable

↓停車中は市民の人気者に。

YouTube/Mashable

“排出ガス0%で環境に同化”というメッセージを見事に表現したこのCM。その発想力と実現力に感服!

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=ZIGzpi9lCck[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking