【アナタはどっち!?】天国を信じる人より地獄を信じる人の方が犯罪に走る確率が低いと判明―米調査

Text by

  • 18
Shutterstock

Shutterstock

67カ国に住む14万3197人を対象に、26年間におよんで行われた調査で、天国の存在を信じる人より地獄の存在を信じる人の方が、罪を犯す確率が低いということがわかった。

同調査によると、宗教上の理由から地獄があると信じている人が多い国は犯罪率が低く、天国があると信じている人が多い国は犯罪率が高いそう。これは、“超自然の罰”と“超自然の慈悲心”どちらを信じるかが影響しており、2011年に大学生を対象に行われた調査でも、「“神の許し”を信じる学生は、“神の罰”を信じる学生よりカンニングする確率が高い」という似たような結果が出ている。

また、犯罪率だけでなく、地獄を信じる国は天国を信じる国よりGDPが高いこともわかったとか。調査を行ったオレゴン大学のアジム・シャリフ教授は、「後世での罰を信じない人々は、不道徳な行為をしてもどうにかなると考えている傾向がある。そのため抑止力が弱いのだ」と語っている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking