【初任給が高いIT企業ランキング】1位は年収800万 1番安いのはソニーで約380万

2012年06月25日 16時45分

2012年06月25日 17時02分

Shutterstock
Shutterstock

勉強の妨げになるからといって、子どもからパソコンをとりあげるご両親がいたら、その教育方法、考え直した方がいいかもしれない。今や最も稼げる職業はIT関連。アップルやマイクロソフト、フェイスブックは、最高約792万円の初年度年収を掲げており、一番安くても約376万円(ソニー・エレクトロニクス)となっている。また、ここ数年間で4年制大学を卒業した若者のうち、1番就職率が高いのはコンピュータ・サイエンス専攻者で、逆に1番低いのは人文系専攻者だということもわかっている。

ということで今回は、最も新卒の年収が高いIT企業ランキングTOP10を紹介しよう。

10位 ノキア 平均年収 7万4400ドル(約595万2000円)

9位 オラクル 平均年収 7万8100ドル(約624万8000円)

8位 eBay 平均年収 8万100ドル(約640万8000円)

7位 インテル 平均年収 8万500ドル(約644万円)

6位 Yahoo!  平均年収給 8万1100ドル(648万8000円)

5位 Adobe 平均年収 8万6200ドル(689万6000円)

4位 Google 平均初任給 8万7500ドル(約700万円)

3位 セールスフォース 平均初任給 8万8900ドル(約711万2000円)

2位 マイクロソフト 平均初任給 9万1500ドル(約732万円)

そして1位は・・・

1位 Nvidia 初任給 9万9400ドル(約795万2000円)

Nvidiaは、米カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。ここに入れば、新卒でも年収800万近くもらえてしまう。幼いうちからコンピュータに慣れさせておけば、IT系企業に就職→将来安泰につながるというわけだ。

関連記事