『有言実行』『実用主義』『責任感』尊敬される人とされない人の5つの違い

Text by

  • 16
Shutterstock

Shutterstock

仕事に情熱をもって取り組んでいて、しっかりと結果を残している人は、どんな環境にいようと尊敬される。しかし、情熱があって必死に働いていても、尊敬されない人はされない。では、同じように働く彼らは何が違うのか。以下は尊敬される人とされない人の5つの違いだ。

1. 尊敬される人はねばり強い

尊敬される人は、常にゴールへのルートを何通りも考えているため、ちょっとやそっとの障害では目的達成を諦めない。しかも彼らは、周りの人の幸せを重要視するため、誰かが不幸になるようなルートは通らない。例えその道が遠回りだったとしても、犠牲を払わなくても達成できる道が必ずあると確信しているからだ。

2. 尊敬される人は有言実行する

尊敬される人は、自分のビジョンを誇張して他人に伝えたり、途中で次のアイデアに飛びついたりしない。自分で管理できる範囲であれば、同時にいくつものビジョンを抱くのはかまわない。しかし、尊敬される人は自分がやると決めたことはどんな努力も惜しまず必ずやり遂げるという強い意志をもっている。

3. 尊敬される人は実用主義者

尊敬される人は、現実的に実現可能なことに集中する。もし1つのアプローチがうまくいかなければ、現実的に実現できる他の方法を考え出すか、またはそのアプローチを完全に捨て、全く違うものを考え出す。彼らは常に、結果に焦点を合わせているからだ。

4. 尊敬される人は効果的な決断をする

いくら尊敬される人だって、うまくいかないときはマイナス思考になったり、落ち込んだりする。しかし、そのマイナス面に囚われて目的を見失ったりはしない。それどころか、その辛い経験を糧にして、どうしてそのような状況になったのかを解決し、前に進む決断をする。これによって、今後避けるべきことなどを効果的に学んでいくのだ。

5. 尊敬される人は責任感がある

尊敬される人とそうでない人の決定的な違い。それは、後者は責任転嫁がやたらと上手だということ。もしチームの一員がミスをしたら、前者は進んで責任を取る。他の人が同じようにしてくれなくても関係ない。なぜなら、チームは1つのゴールを目指して働いており、そのゴールが達成できなかったのは、誰か1人の責任ではなくチーム全体の責任だと考えるからだ。また、尊敬される人は、自分がこう接して欲しいと思う態度で周りに接する。これは、状況によって変わることはなく、常にどんなときでも変わらない、尊敬される人のゴールデンルールなのだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking