【ママ必読】赤ちゃんは、お母さんのお腹に長くいる方が賢くなると判明 学力検査で大きな差が!!

Text by

  • 12
Shutterstock

Shutterstock

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中に長くいる方が頭がよくなるということがわかった。米ニューヨークに住む12万8000人の子どもを対象に行った調査で明らかになった。

同調査では、妊娠37週で生まれた子どもと、41週で生まれた子どもの読解力と算数の学力を比較。すると、37週で生まれた子どもたちの2.3%が読解力が著しく劣っており1.1%が算数に弱冠の問題があったのに対し、41週で生まれた子どもたちはそれぞれ1.8%と0.9%だったという。この数字だけを見ると大した差ではないように感じるが、これらの学力の差は小学校3年生のときに最大になり、読解力が劣っている37週の子どもの数は41週の子どもの3倍、算数ができない子どもの割合も19%に膨れ上がることがわかった。

一般的に、妊娠37週~41週が満期とされており、それより早いと早産、遅いと過期産と呼ばれる。そのためアメリカでは、満期だから大丈夫だろうとあえて37週~38週に赤ちゃんを出産するお母さんが多いそう。

同調査を行ったキンバリー・ノーブル医師は、「早めに赤ちゃんを産みたいと考えるお母さんたちには、この事実を考えてから判断してもらいたいと思う」とコメント。ただし、過期産にはリスクも伴うので、41週あたりで出産するのがベストのようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking