【ママ必読】授乳をすると将来肥満になるリスクが減ると判明!!←授乳期間が長い方がより効果的らしいゾ

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

授乳をすると、産後自然に体重が落ちるなんて話はよく聞くが、授乳していた母親はそうでない母親に比べ、出産から数十年経っても肥満になる確率が低いという。74万人の閉経後の女性を対象に行われた調査で発覚した。

科学者らによると、子どもをたくさん産んだ女性は、年をとってから体重が重くなる傾向があるそう。しかし、BMI(ボディマス指数)は、出産した子どもの数に関係なく、授乳していた女性の方が低かったという。しかもこのBMI数値は、授乳期間6ヶ月毎に1%減っていることが判明。つまり、12ヶ月授乳した人は2%、18ヶ月授乳した人は3%も数値が低くなっているということだ。

今回の調査を行った英オックスフォード大学のヴァレリー・ベラル教授は、「この調査で、たった6ヶ月の授乳が、女性の将来的な肥満のリスクを軽減してくれることがわかった。1%という数値は小さく感じるかもしれないが、国際的に広がれば、多くの女性の命を糖尿病や心臓病やガンなどの肥満が原因の病気から救えることになる」と話している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking