【知ってた】オンラインショップの商品はクオリティが低いと判明 良質なものが欲しいなら実店舗で買うべし!!

Text by

  • 0
flickr_myretailmedia

flickr_myretailmedia

オンラインで売られている商品は、店頭で売られている商品よりもクオリティが低いという調査結果が発表された。

同調査を行ったイリノイ大学のYunchuan Liu教授によると、多くの場合ネット販売は卸売業者が間にいないため価格は安く提供できるが、その代わりに生産者の販売基準がゆるくなり、質が悪いものでも平気で売り出す傾向があるそう。一方店で売られる商品は、通常問屋が客の前に出せる質がどうかを見定めたり、店頭に並んだ後も消費者が実際に手にとって他の品物と比べたりするため、実際に購入してもらうために必然的にクオリティが高くなるのだとか。

質の悪いものを売るネット販売が普及したお陰で、クオリティの低い商品が増えてしまっているとLiu教授。ネットショッピングは、多少質が悪くても安いものがいいという人にはうってつけだが、質の良い商品を望む人には向いていないとのことなので、「良いものがほしい!」という人は、めんどうでも店舗に足を運んで買い物をした方がいいようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking