【不眠対処法】「最近寝不足・・・(ノД`。)」という時にとりあえず試してみるべき5つのこと

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

関東では梅雨明けが発表され本格的な夏到来となったが、ここ数日の熱帯夜で不眠気味の方も多いのではないだろうか。そこで今日は、暑さ以外にできる不眠対処法を紹介しよう。暑いのはどうにもできないが、これらの項目に気をつけることで、少しは安眠・快眠への道が開けるかもしれない。

1. TVやパソコンの使用を控える

寝る前のまったりとした時間に、録りためていたドラマを見たり、ネットサーフィンをしたりして過ごすのは確かにリラックスしたような気分になる。しかし、TVやネットに夢中になるとついつい時間を忘れ、「もうこんな時間!?」という経験はみなさんもおありだろう。しっかりとした睡眠をとるためにも、TVやネットをやる時間に制限を設け、就寝の20分前にはTVやPCの電源を切るようにしよう。

2. 寝る前にエクササイズはしない

適度な運動を日常的にすることは、安眠の助けになる。しかし、就寝の数時間前に運動をすると、身体が元気になってしまい、逆に眠れなくなってしまう。激しい運動は、少なくとも就寝の2時間前には終わらせよう。

3. 仕事のことを忘れる

例え大事な締め切りが近づいていたとしても、夜はなるべくそのことについて考えないようにする。もしどうしても仕事のことが頭から離れないというのであれば、寝る前に瞑想やストレッチをするなど、心が落ち着つくルーチンを取り入れよう。

4. 夜食を控える

空腹では寝れないという人もいるだろうが、どうしてもお腹がすいてしまったという場合でも、なるべく夜食は食べ過ぎないように。満腹で就寝すると、体内の睡眠サイクルがおかしくなってしまうからだ。また、寝る前には、脂肪分の多い食べ物、炭水化物や糖分の高い食べ物、辛い食べ物などは避けるべし。

5. 寝る前にお酒は飲まない

アルコールを飲むと早く眠りにつけるのは確かだが、眠りの質はあまりよくない。朝すっきり目覚めたいのであれば、寝る前の1杯はやめ、代わりにハーブティーなどを飲むとよい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking