【深イイ話】ディズニーワールドの警備員と少女の写真に秘められた心温まる裏話がネットで話題に

Text by

  • 5
The Huffington Post

The Huffington Post

Pinterestに掲載された1枚の写真が、ネット上で話題になっている。

Barbara Bunchukさんによって撮影されたこの写真には、米フロリダ州にあるディズニーワールドで働く警備員と、Barbaraさんの孫の姿が収められている。Barbaraさんによると、これは、2008年に家族でディズニーワールドへ旅行した際、プリンセスの衣装を身にまとった孫のAlliちゃんに1人の警備員が近づき、「お姫さま、もしよろしければサインをいただけますか?」と声をかけたときのものだとか。Alliちゃんは、自分が本物のお姫さまだと思われたと大喜びし、天にも昇るような気分になっていたという。なお、警備員がAlliちゃんに差し出したメモ帳にはすでにいくつものサインがあったといい、この警備員が日常的にパークを訪れる子どもたちに、ひと時の夢を見させてあげている様子が見受けられたそうだ。

夢の国で働く1人の警備員の心温まる行動を収めた写真は瞬く間にネット上に広がり、「偽善的で陳腐に思えるような行動でも、ささいな一言が誰かの1日を素晴らしいものに変えてくれることを、この警備員が教えてくれた!」など、多くの人の心を和ませている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking