アンチエイジングに効果あり!!毎日絶対食べた方がいい“スーパーフルーツ”とは?

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

“スーパーフルーツ”という言葉を聞いたことがあるだろうか。悪者を退治するヒーローみたいな名前だが、これは抗酸化物質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいる果物を指しており、アンチエイジングに効果があるとして数年前からハリウッド・セレブの間で密かなブームになっているそう。専門家によると、成人の日々の果物摂取推奨量は200gで、その大半をこの“スーパーフルーツ”で摂ることができれば、健康面でかなりの効果が期待できるとか。ということで今回は、気になる“スーパーフルーツ”の主要メンバーたちを紹介しよう。

1.アサイー

Shutterstock

抗酸化物質の含有量はフルーツ界No.1の異名を持つ。ただし、生のアサイーを手に入れるのは難しいので、パウダー状になったものを自家製スムージーなどに入れるとよい。

2. りんご

fickr_msr

食物繊維の塊。また、皮には抗ヒスタミンや抗炎性作用のある抗酸化物質、クルセチンが含まれており、これらには心臓病やアレルギー反応から守ってくれる力がある。

3. アボカド

Shutterstock

コレステロールを下げる不飽和脂肪酸や、老化防止に役立つビタミンEやビタミンA,C、カリウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含んでいる。

4. バナナ

flickr_Fernando Stankuns

血圧を下げてくれるカリウムを豊富に含んでいる。また、満腹感を持続させ、新陳代謝を高めてくれるヘルシーな炭水化物、抵抗性澱粉の源としても知られる。

5. ブラックベリー

Shutterstock

心血管疾患や癌、粗鬆症などに効くポリフェノールの宝庫。また、食物繊維の含有量も高い。

6. ブルーベリー

Shutterstock

脳の働きを良くし、記憶力を高めるというフラボノイドを多く含んでいる。

7. マスクメロン

Shutterstock

ビタミンAを多く含み、細胞の再生を促すため、若々しいスベスベのお肌を保つのに最適。

8. チェリー

Shutterstock

真っ赤な色は、アントシアニンと呼ばれる抗酸化物質がたくさん含まれている証。

9. クランベリー

Shutterstock

泌尿器系の感染病や卵巣癌などを防ぐ効果があり、特に女性に効果的。

10. ドラゴンフルーツ

Shutterstock

ビタミンや、繊維、ミネラルを多く含んでいるほか、種は、人間の体に必要不可欠だが体内では生産されない脂肪酸の宝庫でもある。

そのほか、ビタミンCをたくさん含むシトラス系の果物や、グレープ、キウイ、パパイヤ、パイナップル、プラム、ザクロ、ラズベリー、いちご、スイカなども“スーパーフルーツ”と称される栄養価の高い果物。スーパーや八百屋さんなどで簡単に手に入れられるものも多いので、毎日の食生活にぜひ取り入れてみて欲しい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking