【要注意】キレやすい人は脳卒中になるリスクが通常の2倍と判明←過度のストレスがかかると危険性がさらに増すらしいゾ!!

Text by

  • 4
Shutterstock

Shutterstock

短気で攻撃的な性格の人は、脳卒中を起こす確率が高いということがわかった。

スペインの科学者が、150人の脳卒中患者と、300人の健康体の被験者(平均年齢54歳)の慢性的なストレスのレベルを査定した結果、攻撃的で短気かつせっかちな、いわゆるタイプA行動パターンの人は、脳卒中になるリスクが通常の2倍も高いことが判明。これは、喫煙者が脳卒中になる確率とほぼ同じだとか。また、タイプA行動パターンの人は、高血圧やコレステロールの数値、糖尿病などの生物学的な危険性のほか、日頃のカフェインやアルコールの摂取量、パートナーや仕事の有無、性別などに関係なく脳卒中のリスクが高いそうで、特に愛する人との死別などショッキングな出来事が起きたときの発症率は4倍にもアップするという。

自分はタイプA行動パターンだと自覚がある人は、脳卒中になるリスクを少しでも減らすためにストレスを減らし、毎日穏やかに過ごせるように心がけた方がいいようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking