【マジキチ】車の排気でハンバーグを焼く調理器具が登場←電気もガスも不要で超絶エコ!問題のお味は…(゚д゚lll)??

2012年09月19日 12時24分

2012年09月19日 12時24分

Exhaust Burger
Exhaust Burger

ハンバーグがどうしても食べたい!でも時間がない!!というときに使える斬新で画期的だけど、本当に食べるのには勇気がいるアイテムが開発された。

何がそんなに画期的なのかというと、実はこの一風変わったハンバーグ・マシーン、車のマフラー(排気管)に差し込んで、そこから発せられる排気の熱でパティを焼くというもの。これなら、どんなに急いでいるときでも、ササッとマフラーに差してそのまま発車すれば、目的地に着く頃にはできたてホカホカのハンバーグが食べれるというわけだ。

排気が肉の表面に触れないような構造になっているため、身体に害はないので安心な上、車の排気ガスを二次活用しているのでとってもエコ。普通の人ならマフラーで作ったハンバーグなんて一生食べたくないと思うかもしれないが、車の運転中もお肉のことが頭から離れないというような人には、願ったり叶ったりのアイテムだ。

Exhaust Burger

Exhaust Burger

注目の記事