世界で最も教養が高い国ランキング発表!!1位のカナダは2人に1人が大卒者と判明 果たして日本は??

Text by

  • 16
Shutterstock

Shutterstock

相変わらず低迷中の大卒の就職率。それでも“大卒”というステータスはまだまだ重視されており、学士号所持者の人口は、世界全体で年々増え続けている。

そこで、ある調査会社が、最も大卒者が多い国ランキングを発表。トップ10は以下の通りだった。カッコ内は大卒者率と国内総生産。

1位 カナダ(51%、GDP 3万9050ドル)

2位 イスラエル(46%、GDP 2万6531ドル)

3位 日本(45%、GDP 3万3785ドル)

4位 アメリカ(42%、GDP 4万6548ドル)

5位 ニュージーランド(41%、GDP 2万9711ドル)

6位 韓国(40%、GDP 2万8797ドル)

7位 イギリス(38%、GDP 3万5756ドル)

8位 フィンランド(38%、GDP 3万6307ドル)

9位 オーストラリア(38%、GDP 4万790ドル)

10位 アイルランド(37%、GDP 4万478ドル)

1位に輝いたカナダは、世界で唯一成人の人口の半数以上(51%)が大学、もしくは大学院の卒業者という高学歴な国。カナダは、2000年に行われた同様の調査でも1位を獲得しており、当時の大卒者率は40%だった。

カナダを追う2位はイスラエルで、3位の日本を含む6位までの国の大卒者率は、どれも40%以上という結果になった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking