【フォーブス誌】専攻すべきではない学部ワースト10発表!!最も就職に役立たない学士号は果たして…??

Text by

  • 108
Shutterstock

Shutterstock

大学を卒業したからといって、将来が約束されたわけではないのはご存知の通り。では、少しでも高い授業料を無駄にしないために何ができるのか。あのクリントン元米大統領も輩出したアメリカの名門ジョージタウン大学の教授によれば、学生の将来は、大学での専攻学部に大きく左右されるそう。

そこで米フォーブス誌が、学部別就職率と就職後の平均給与を比較し、最も専攻すべきではない学部、即ち修得しても無駄な学士号ワースト10を発表した。(※新卒:22~26歳 中堅:30~54歳)

10位 英語/英文学
新卒生の失業率:9.2% 平均年収:3万2000ドル(約250万円)
中堅世代の失業率:6.2% 平均年収:5万2000ドル(約408万円)

9位 歴史
新卒生の失業率:10.2% 平均年収:3万2000ドル(約250万円)
中堅世代の失業率:5.8% 平均年収:5万4000ドル(約424万円)

8位 商業美術/グラフィックデザイン
新卒生の失業率:11.8% 平均年収:3万2000ドル(約250万円)
中堅世代の失業率:7.5% 平均年収:4万9000ドル(約384万円)

7位 フィットネス/レクリエーション
新卒生の失業率:8.3% 平均年収:3万ドル(約235万円)
中堅世代の失業率:4.5% 平均年収:5万ドル(約392万円)

6位 音楽
新卒生の失業率:9.2% 平均年収:3万ドル(約235万円)
中堅世代の失業率:4.5% 平均年収:4万5000ドル

5位 教養
新卒生の失業率:9.2% 平均年収:3万ドル(約235万円)
中堅世代の失業率:6.2% 平均年収:5万ドル(約392万円)

4位 哲学/宗教
新卒生の失業率:10.8% 平均年収:3万ドル(約235万円)
中堅世代の失業率:6.8% 平均年収:4万8000ドル(約377万円)

3位 美術
新卒生の失業率:12.6% 平均年収:3万ドル(約235万円)
中堅世代の失業率:7.3% 平均年収:4万5000ドル(約353万円)

2位 映画/ビデオ/写真
新卒生の失業率:12.9% 平均年収:3万ドル(約235万円)
中堅世代の失業率:6.7% 平均年収:5万ドル(約392万円)

1位 人類学/考古学
新卒生の失業率:10.5% 平均年収:2万8000ドル(約220万円)
中堅世代の失業率:6.2% 平均年収:4万7000ドル(約369万円)

ちなみに、これらとは真逆で、最も修得する価値のある学部の第1位は、生体医学で新卒生の平均年収は約422万円、中堅社員の平均年収は767万円。2位は生化学で327万円(中堅社員:664万円 昇給率103%)、3位はコンピュータ・サイエンスで444万円(中堅社員:768万円 昇給率73%)だった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking