驚くほど生産性の高い人間になれる24の方法「家政婦を雇う」「テレビを捨てる」「電話に出ない」など

Text by

  • 1399
Shutterstock

Shutterstock

仕事をもつ人間なら誰もが、「もっと時間があれば終わらせられるのに。時間さえあれば・・・!」と考えているはず。1日24時間という時間は、誰にでも平等に与えられる。ではなぜ、同じ時間内でたくさんのことを効率的にできる人と、そうでない人がいるのだろうか。単刀直入に言おう。生産性が高い人には、秘密があるのだ。

そこで今回は、米フォーブス誌が明かす「驚くほど生産性の高い人間になれる24の方法」を伝授しよう。中には少し極端に思えたり、そう簡単には実践できそうにないものもあるが、これらを実行してこそ高能率な人間になれるらしい。

1. 1時間早く起きる。

2. 日曜の夜に1週間の計画を立てる。

3. 「NO」と言う。無視する。自分が成し遂げようとしていることだけに集中する。

4. 家政婦を雇い、大事な時間を掃除などに費やすのをやめる。

5. 携帯電話のEメール機能をオフにする。

6. シンプルなTo Doリストを作り、日々達成すべきことを3つだけリストアップする。

7. 1日の計画を、重要度順に立てる。簡単なこと、些細なことは後回しにする。

8. とにかくミーティングを避ける。どうしてもの場合は、1つだけ具体的な結果を得るようにする。

9. 1つ1つの会話の終わりには、次のステップが何かを常に把握しておく。

10. Leechblock(Firefoxエクステンション)やNanny(Google Chrome)を使って、ソーシャルメディアなどのサイトを使えない時間をつくる。

11. 1つのアクティビティに集中して取り組むため、30分のインターバルでタイマーをセットし、1分間の休憩を挟んで再度集中力を高める。

12. 2時間ごとに10~20分の休憩をとり、好きな曲を聴いて踊ったり、腕立て伏せをしたり、外の空気を吸うなどする。

13. 自分自身に、「今からやろうとしていることは、自分が達成したい目標に近づくステップになるか?」と尋ねる。

14. 自分が達成しようとしているものをしっかりと認識する。

15. 気力を高めるため、仕事中はアップテンポの音楽をかける。

16. 邪魔な思想はアイデア・ノートに書き込み、1週間後にもう一度見直す。

17. 自分が何を達成したかを記録する。

18. 何が重要で何が重要でないかを理解する。

19. 先延ばしにするのをやめて、とにかくやる!

20. TVを捨てる。文字通り、庭に埋める。

21. インターネットをオフにする。書き物をしていたり、何かを作成している場合は、オフラインの環境に身を置く。

22. 外注する。時間をかけて自分でやるよりも、人に頼んで短時間で仕上げてもらう。

23. 「やるべき」ではなく「やる」と言う。「やってみる、ではない。やるかやらないか、それだけだ」by ヨーダ

24. 電話に出ない。もし重要ならメッセージを残してくれるはず。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking