仕事中にうとうとするのは不規則な生活のせいじゃなかった!?オフィスや教室が眠くさせていると判明

Text by

  • 424
Shutterstock

Shutterstock

昼食後の授業や仕事はうとうとしてしまって身が入らないという人も多いのでは。前日の夜更かしや、ランチを食べ過ぎたからなど、睡魔に襲われる主な理由は自分にあると思いがちだ。しかしこのほど、午後になると眠くなる原因は、教室やオフィスなどの環境にあるという研究結果が発表された。

米科学者がおこなった研究によると、人口密度の高い室内は外と比べて二酸化炭素の濃度が高く、それが人の集中力や判断力に影響を与えている可能性があるそう。実験で、二酸化炭素濃度の違う部屋で被験者にあるテストを受けてもらったところ、一般的な室内の濃度である1000ppmに達した時点からパフォーマンスの低下が見受けられ、濃度が2500ppmになると明らかな変化が現れたという。

通常、外の二酸化炭素濃度は380ppm程度だが、室内は1000ppm、会議室など狭い空間に何人もの人が長い時間集まった場合は3000ppmほどに上ることもあるとか。また、換気が不十分な部屋では、時間が経つごとにどんどん二酸化炭素量が増えていってしまう。そのため、午後の授業や長時間に渡る会議は、こくこくと頭を揺らしながら夢の世界に旅立ってしまう人が続出するというわけだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking