ダイエット・心臓病・腸がんに効果的!意外と知られていないけど実は食物繊維が豊富な7つの食べ物

Text by

  • 3
Shutterstock

Shutterstock

食物繊維といえば、便秘解消→ダイエットに効果的とのイメージがあるかもしれない。しかしそのほかにも、コレステロール値を下げてくれたり心臓病や糖尿病のリスクの低減腸がんの予防にも役立つことをご存じだろうか。

専門家によれば、こういった利益を得るためには、1000kcalにつき14g、つまり、1日に25~40gの食物繊維を摂取しなくてはいけないそう。ところが、残念なことに日々十分な食物繊維を摂れている人はごく少ないとか。原因は、レタスやキャベツなどの葉菜類や、穀物、ドライフルーツなど、一般に食物繊維が多いとされている食べ物は、一度にたくさん食べるのに適していないためと考えられる。そこで今日は、毎日の食生活に簡単に取り入れられる、意外と知られていないけど実は食物繊維が豊富な食材をご紹介しよう。

アボカド

flickr_eblaser

悪玉コレステロールを減らす役割をする一価不飽和脂肪酸を含むことで知られるアボカドは、1つで約12gもの食物繊維を持ち合わせている。

かぼちゃ

flickr_yto

和食にも洋食にも使えるカボチャの食物繊維含有量は、100gにつき約4g。

パスタ

Shutterstock

全粒粉のパスタには、1人前6gの食物繊維が含まれる。ブロッコリーや松の実と共に調理すれば、さらなる繊維パワーを得ることが可能。

ベイクドポテト

flickr_Xception2TheRule

カロリーが高そうなイメージだが、じゃがいもは食物繊維が非常に豊富(1つにつき約4g)。皮と一緒に食べればさらに効果大だ。

アーティチョーク

flickr_minwoo

日本では食べ慣れないアーティチョーク。欧米ではおつまみとして人気を博している食材だが、このアーティチョークの芯の部分には、1つにつき7gもの食物繊維がつまっている。

フムス

flickr_The Second Pancake

トルコやギリシャなどで食べられている伝統料理。こちらも日本の食卓にはあまり上がらない一品だが、主な原材料となっているヒヨコマメが食物繊維を多く含んでいるため、60gにつき3.7gほどの繊維が摂取できる。

アーモンドバター

filckr_monica.shaw

いかにも食物繊維が豊富そうな食品だが、その含有量は30gにつき4g。ピーナツバターより25%も多いとのことなので、こちらに切り換えてみては?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking