【これが最先端なのか!?】オノ・ヨーコがデザインしたメンズファッションが、あまりにも奇抜すぎて一般人の理解を遙かに超えてる件

Text by

  • 10
Yoko Ono Fashions for Men 1969-2012

Yoko Ono Fashions for Men 1969-2012

故ジョン・レノンの妻で、芸術家として活動するオノ・ヨーコが手がけたメンズのファッションラインが、奇抜すぎて一般人の理解を超越しまくっている。

ニューヨークを拠点とする人気セレクトショップ「Opening Ceremony」で販売されているこれらの服。股間に手形のプリントがほどこされたパンツや、お尻部分が丸くくりぬかれたスラックスメッシュ地で肩があいたショッキングピンクのロンTなどなど、どれも個性的すぎるデザインばかり。しかもお値段も1着数万円とお高く、ブーツなんぞは750ドル(約6万3600円)とハイブランド並みだったりする。

どこのファッションリーダーが実際にお金を払ってこれらのアイテムを手に入れるのかはわからないが、もしこれが最先端のオシャレとされるのならば、もはやファッションセンスなんてなくて結構と声を大にして叫びたくなってしまう。

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

↓“お尻”プリントのスウェット

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

↓ブーツの先に香炉が!!!

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

↓モデルも心なしか悲しそう… 

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

↓透明の板にベルが2つ。もはや意味不明。

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

↓極めつけはフンドシ。フロント部分にはLEDライトが埋め込まれているとか…。なぜ!?なぜなんだ???

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

YOKO ONO FASHION FOR MEN 1969-2012

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking