【英調査】空腹状態でエクササイズをすると、いつもより20%も多く脂肪を燃焼できると判明

Text by

  • 3
Shutterstock

Shutterstock

「早起きは三文の徳」というが、このことわざはダイエットにも適用されるようだ。

英ノーサンブリア大学がおこなった調査によると、朝起きてから何も食べない状態でエクササイズをすると、通常よりも20%多く脂肪を燃焼できることが明らかになったとか。同調査を主導したJavier Gonzalez氏は、「体脂肪を減らすためには、摂取した以上の脂肪を燃焼する必要がある。前の晩から何も食べていない状態でエクササイズをすると、体内に蓄積されていた脂肪からエネルギーが使われるため、より痩せやすくなるのだ」と語っている。

とはいえ、ハラペコ状態で運動なんかすれば、あとから余計にお腹がすいてドカ食いにつながりかねない気もする。しかし今回の調査では、空腹時にエクササイズをしようが、食後にしようが、日中に摂取するカロリー量は変わらず食欲が増進することもないともわかったそう。

せっかく運動をするなら、たくさん脂肪を燃焼できるに越したことはない。今度からはぜひ、胃が空っぽの状態の朝にエクササイズをすることをオススメしたい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking