【親必読】幼い子どもにもテレビを観させるべき!ただし番組内容に注意が必要

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

暴力や性の描写の多い大人向けのテレビ番組などを観ている子どもは、性格が攻撃的になるというが、逆に道徳心を養うような穏やかな番組を観させると、子ども自身も優しくなるという。

米シアトル・チルドレンズ・リサーチ・インスティテュートとワシントン大学がおこなった調査により、鑑賞するテレビ番組の内容を、暴力的な描写が少なく、他人の気持ちを理解する大切さを教えるような教育番組に限定すると、子どもの性格が穏やかになることが明らかに。565組の親子(子どもの年齢は3~5歳)を対象にした同実験では、被験者を2つのグループに分け、1つには専門家が薦める子ども向け番組を観てもらい、もう1つには自由にテレビを観させたところ、たった6ヶ月で子どもたちの行動に違いが現れたという。また、こういった番組を観ていた子どもは、社会への適応能力も高かったそうだ。

調査をおこなったDimitri A. Christakis氏は、「子どものテレビ鑑賞で親が注意すべきなのは、鑑賞時間ではなく観ている番組の内容だ」とコメント。幼い子どもをもつ親御さんは、その年齢に適した番組を観させる必要があるようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking