【根暗に朗報】ネガティブな人は長生きするとの調査結果:米心理学協会

Text by

  • 14
Shutterstock

Shutterstock

ネガティブよりはポジティブな方がいい。我々は無意識のうちにそう考えがちだが、実は根暗で消極的な性格の人の方が、健康で長生きすることが明らかになった。

米心理学協会によると、4万人を対象におこなった調査の結果、将来に対して“過剰に楽観的”な人は、悲観的な人と比べてケガや病気により障害を負ったり、さらには死に至るリスクが非常に高いことがわかったそう。調査では、被験者を年齢別に3つのグループ(18~39歳、40~64歳、65歳以上)に分け、「今の生活にどれくらい満足しているか」「5年後の自分はどれくらい満足していると思うか」という質問に答えるアンケートを、5年ごとに10年間受けてもらった。その結果、65歳以上の人で将来を楽観視していた人はわずか32%しかいなかったが、それらの人々が10年後に障害を患う確率は、悲観的・現実的な人に比べて9.5%、死亡するリスクは10%も高かったとか。これは、ネガティブな人の方が、人生をより慎重に、健康や安全に細心の注意を払いながら生活しているためだと考えられるという。

今回の調査結果に対して海外の根暗ネット民からは、「最高のニュース!」「それじゃオレは1000歳まで生きられちゃうじゃないか」「これからは堂々とネチネチできるな。だって健康にいいんだから」などと歓喜の声が上がっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking