【エコの極み】着なくなった服を再利用できる“服の3Dプリンター”が2050年までに登場予定

Text by

  • 19
hd_99b7f633eecb698d282a99289df69caf1

一家に1台3Dプリンターがあるのが普通になる日も近いが、2050年までには、もはや毎日着る服さえも自宅でプリントできてしまう日が来るかもしれない。

人口増加によるスペース不足が叫ばれる昨今。約40年後の2050年には、地球上の人口の75%が都市部に集中するとされている。そこで、狭い空間を有効利用するために発案されたのが、服の3Dプリンター。着なくなった服をマシーンに入れデザインを選択すれば、同じ素材を使ってまったく新しい服をつくり出してくれるという夢のような機械だ。しかも、発案者のJoshua Harris氏によれば、マシーンは洗濯機&乾燥機も兼ねているとのこと。これさえあれば、洗濯機や乾燥機、さらにはクローゼットという存在すらいらなくなるかもしれない。もちろん今はまだコンセプトの段階だが、将来的にはお気に入りのブランドの生地のカートリッジを購入し、そのブランドの最新のデザインを自宅で印刷できる機能も備わる予定だという。

服の3Dプリンターは、住居スペースの削減だけでなく、服を製造・販売・購入するコストやリサイクルによるゴの削減にもつながる。あと40年で、ショップで服を買うのではなく、服の元となる素材のカートリッジを購入するような時代が本当に来るのだろうか。 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking