5人に1人はランニングに不向きな遺伝子をもっている!?どんなにトレーニングしても長距離を走れない人もいると判明

Text by

  • 61
Shutterstock

Shutterstock

ダイエットや健康維持のためにランニングをする人が増えているが、長距離を走ることが遺伝子的に不向きな人もいるらしい。

英ラフバラー大学のジェイミー・ティモンズ教授がおこなった研究によると、人間の体には、マラソンの向き不向きを決定付ける遺伝子が30種類あことがわかったそう。そのため、ほとんどの人はトレーニングによってスタミナが増進されるが、5人に1人(20%)の割合で、どんなに努力しても長距離が走れるようにはならない“マラソン不向き型”の人も存在するのだとか。これらの人は、同じトレーニングをしても筋肉から抽出される酸素量が異なり、無理に続けると体を壊してしまう危険性があるという。

ティモンズ教授によれば、こういった“マラソン不向き型”の人は、ジムで筋トレをしたり、武術などの無酸素運動をするのがオススメだそう。健康的な体を育てるためには、自分に合ったエクササイズ方法を見つけることが重要なようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking