【ビジネスマン必読】「飛行機内では仕事をしない方がイイ」と専門家 気圧の変化で脳が正常に働かないため

Text by

  • 1
flickr_caribb

flickr_caribb

出張が多く、いつも飛行機で世界を飛び回っているというビジネスマンに是非小耳に挟んでおいてほしい調査結果が発表された。どうやら、飛行機内で重要な決断を下すのは脳科学的に危険らしい。

一般的に、高度1万2000メートルに到達したときの飛行機内の気圧は、地上約1800メートルから2400メートルの場所と同じだとされている。英キングス・カレッジ・ロンドンのデヴィッド・グラッドウェル教授によれば、人間の脳は地上約2400メートルに到達すると酸素不足で正常に機能しなくなるといい、機内でも同じ現象が起こるとか。それゆえに、高度2400メートルを超すと、新しいことを学んだり、学びたてのタスクを実践したりするのが難しくなり、本来のパフォーマンスができなくなってしまうのだという。

ただし、能力が損なわれるのは新たに学んだ事柄のみで、地表レベルで身につけたスキルに至っては影響は受けないそう。だからパイロットの決断能力なども心配する必要はないのだとか。

最近では機内でインターネットが使えるようになったりと、移動中にノートPCなどで仕事をこなす人も多いだろう。しかしグラッドウェル教授によれば、「飛行機内ではクロスワードなどをしながらリラックスして過ごすのが1番」で、人生の明暗を分けるような重要な決断は、地上に降りてからした方がいいとのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking