【朗報】自家用の空飛ぶ車が2020年に販売開始予定

2013年05月08日 19時00分

2013年05月08日 19時00分

タグ

tfx-v03-farmland-WM

いつの間にか時代は2013年。確かにいろいろと便利になったけど、結局自家用の空飛ぶ車はまだできないの!?なんて思っている人に朗報だ。あと8年で完成するらしい。

米マサチューセッツ州を拠点とするTerrafugia社によれば、彼らは現在、Googleの自動運転車とヘリコプターと飛行機を合体させたような空飛ぶ車「TF-Xを開発中で、発売は2020年頃を目指しているそう。「TF-X」は炭素繊維製で、両サイドにある電動アシストの動翼を使い、車道から垂直に飛び立てるとか。離陸後は、リアー部分に装備されたガスエンジンで飛行していき、天気が良ければ内蔵のコンピューターが自動で着陸させてくれるという。また、飛行機ではなく“空飛ぶ車”というだけあって、操作方法も至って簡単。一般的なドライバーなら、5時間も練習すればマスターできるそうだ。

値段についてはまだ明らかになっていないが、Terrafugia社いわく高級車と同じくらいになる予定だとか。あと8年で本当にこんな車が販売されるようになるのかはまだ少し信じがたいが、SF映画の舞台のように、ビルの間を車が飛び回る時代の到来も近いようだ。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=bp2TWNpTA7s[/youtube]
注目の記事