【驚愕】人の足には100種類以上のカビが生息していると判明!「裸足で歩くのは危険」と科学者

Text by

  • 2
flickr_Public Domain Photos

flickr_Public Domain Photos

人間の体にはたくさんの真菌、いわゆるカビが生息していると言われているが、そのほとんどが“足”を住処にしているという。

米National Human Genome Research Instituteがおこなった調査によると、健康的な成人10人の耳の穴、眉間、頭の後ろ、耳の後ろ、かかと、足の爪、足の指の間、前腕、背中、鼠径部、鼻の穴、胸、手のひら、肘の14カ所から皮膚を採取したところ、カビの量が最も多いのは“足”であることがわかったそう。同調査によれば、かかとには約80種類ものカビが住んでおり、足の爪には60種類、足の指の間には40種類のカビが確認されたとか。また、足以外では、手のひらや前腕、肘の内側なども人気で、それぞれ約18~32種類のカビの住処となっていたという。一方、最もカビの量が少なかったのは頭と胴体で、2~10種類ほどしか検出されなかったそうだ。

調査をおこなった遺伝学者のジュリー・サージ氏は、なぜ足にたくさんのカビが生息するのかについて、「足は他の体の部位と比べて温度の変化が激しい場所であり、最も地面に近い場所でもあるからだと考えられる」としており、「裸足で歩くということは、他の人とたくさんのカビをシェアしているということになる。ジムのロッカールームなどでは、できるだけビーチサンダルなどを履くようにするべきだ」と忠告している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

What’s Hot Ranking