日常的に日焼け止めを塗ることで、24%も老化を抑えられると判明!!

Text by

  • 3
flickr_Robert S. Donovan

flickr_Robert S. Donovan

日に日に日差しが強くなり、紫外線が気になり始める今日この頃。日焼けがシミやシワの原因となることはよく知られているが、このほどまた新たに、日常的な日焼け止めの使用がお肌の老化を防ぐという確固たる証拠が明らかになった。

55歳以下(平均年齢39歳)の成人903人を対象に4.5年に渡りおこなわれた調査によると、1日1回以上日焼け止め(SPF 15)を塗るよう命じられていた被験者のグループは、まったく塗らなかったグループと比べ、なんと肌(特に手の甲)に表れた老化のサインが24%も少ないことがわかったとか。老化を見分ける基準は、シワやホクロの質感の変化などで、毎日日焼け止めを使用していた人たちは、4年半前と比べて目立った老化現象は見受けられなかったという。

光老化に関する調査は、これまでマウスを使ったものしかおこなわれてこなかったため、紫外線がコラーゲンや肌を若々しく保つための繊維質などにダメージを与えることがヒトの肌で証明されたのは今回が初めて。ただし、55歳を過ぎると老化のスピードが速まるため、残念ながら日焼け止めの効果は若い頃よりも得づらくなるとのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking